最近は学生などの若者のうちから、薄毛を発症している人が増えていると言われています。
学生の薄毛はagaが原因であることが多く、専門的な治療を行う必要があります。
agaを発症しているときには、男性ホルモンがヘアサイクルを乱していることが考えられますので、学生などのような年代であっても髪の毛が薄くなることがあります。
薄毛の対策としては育毛剤や発毛剤、生活習慣の改善などを行う方法がありますが、それらの方法では薄毛の根本原因である男性ホルモンには何の影響もありませんので、改善することは難しいと考えられています。
agaを改善するためには専門のクリニックを受診して、治療薬を服用する必要があります。
aga治療薬として日本で認可を受けているものには、プロペシアとミノキシジルがあります。
プロペシアの成分は薄毛の原因になる男性ホルモンが生成することを阻害できるために、有効な治療薬となります。
ミノキシジルは血管を拡張させる作用がありますので、頭皮に十分な栄養素を運ぶことに役立ちます。
プロペシアとミノキシジルは併用して服用することが可能で、両者を取り扱っているクリニックを選択することがおすすめです。aga治療は自由診療に該当しますので、治療を開始する前にカウンセリングを受けて、どの程度の費用がかかるのか確認しておくようにしたほうが良いです。

Comments Are Closed!!!